レンタルサーバー会社ごとに容量や安定性が異なります

ホームページを運営することで、普通に記事を投稿していたり、写真を掲載しているだけではそれほど容量が減る心配はありません。
レンタルサーバー会社ごとに使用可能な容量が設定されていますが、めったなことでは使い切ることはないと考えておいて良いでしょう。
ホームページは長い時間をかけて運営をしていくうちに情報がたくさん掲載されるようになりますので、それだけデータが保存されます。



動画などの容量を多く使用するサイトを運営するときには、事前にレンタルサーバー会社が用意している容量がどの程度なのか調べておいたほうが良いです。安値の料金で借りることができるレンタルサーバーの場合には、安定性に欠けている可能性があります。

サーバーの安定が悪いと、訪問者がサイトをアクセスしてもサーバーダウンを起こしていて見られないという現象が起きます。1秒の間におけるサイト訪問者が増えすぎたときには、レンタルサーバーの容量が限界に達することで503エラーが起きることがあります。



同時にアクセスされたときに耐えることが可能な容量は、会社ごとに異なっていますので、自分のサイトがたくさんの人にアクセスされる状況だと高機能のサーバーが必要になります。
無料ブログとの違いは、無料の場合には会社によっても異なりますが、広告が掲載されることが多くなります。


レンタルサーバーを使って自分でサイトを立ち上げたときには、無料ブログの運営会社が行っているように広告が勝手に掲載されるということがなくなります。



top